メインメニュー

サブメニュー

航空券のキャンセル料

航空券を予約していたが、急な用事でキャンセルしなければならなくなってしまった、日本に帰る日付を変更しなければならなくなった場合、どうすればよいのでしょうか。 国内の航空会社から直接購入した場合は、電話や窓口で相談することができます。 しかし、インターネットで購入した場合、もしくは海外の会社が運営している場合、外国語で直接交渉する必要があります。 時間に余裕がある場合は、電話ではなく空港に直接赴き、窓口で相談するのがベストです。 基本的に、空港で働いている方は英語を習得していますので、英語で相談するとよいでしょう。 ポイントは以下のとおりです。


<キャンセルの場合>
・何月何日の何便を利用する予定だったか
・何人で利用する予定だったか
・この内、何人の座席をキャンセルしたいか
・払い戻しは可能か
格安航空券を利用した場合は、キャンセル料金が掛かり、基本的に払い戻しはありません。 しかし、これは航空会社によるものですので、一度聞いてみることをおすすめします。

<日付変更の場合>
・何月何日の何便を利用する予定だったか
・何人で利用する予定だったか
・この内、何人の座席を、いつの日付に変更したいか
・変更料はいくらかかるか

キャンセルの時と同様に、格安航空券を利用した場合は、無料で変更してくれることは殆ど無いでしょう。 空きがあれば、手数料を支払い、振り替えてくれることもあるようです。 万が一、振り返ることができない場合はキャンセルになります。 このように、海外で航空券のキャンセルや変更を行うことは重労働です。 なるべく予定を変更しないですむように心掛けましょう。